有酸素運動と食事のタイミングとは?

ダイエットを成功させるには、身体の仕組みを理解すると成功できるといえます。
人体は不思議な機能の持っています。
最近話題になったのが食事の順番で太る、太らないが決まるという話です。
人間は知らず知らずの間に、痩せる、太るの選択をしている事になるようです。
お腹に入れたら、一緒に思えますが、内蔵の働きから考えると見えてくる事ですね。

食事の次にダイエットで気になるのが有酸素運動です。
有酸素運動で体脂肪が減少することは明らかですが、では食事の順番のように、食事と運動のタイミングで、最も効果的な組み合わせはあるのでしょうか?
有酸素運動をはじめると、最初のうちは糖質がエネルギーとして使われるのですが、だいたい20分くらいすると、運動のエネルギー源が体脂肪に切り替わるそうです。

では、体内に糖質が少ない状態である食事の前に運動をすれば、体脂肪だけが燃焼されより効果的なのでは、と考えますが、それは正しいのでしょうか。
体脂肪を燃焼する際にはスターターの働きをする糖質が体内にあったほうが、より体脂肪の燃焼がスムーズに行われるそうです。
体脂肪は糖質より燃焼されにくく、まず糖質を使って身体をエネルギー燃焼モードにしてから、体脂肪の燃焼へとリレーされていくのだそうです
また食事の前に運動をすると、低血糖などを招き、ぼんんやりしたり判断力が鈍るなどして、屋外では何らかの事故の可能性もあります。

ただ、体脂肪は燃焼されにくいので、体内にたっぷり糖質のある状態では、糖質ばかりがエネルギーに使われることになるそうです。
有酸素運動で効果的に体脂肪を燃やすためには、食事の二時間程度後、体内の糖質が適度に消費された頃がもっとも効果が高いようです。
このような人体の仕組みは、勉強しない限りなかなか知る事はできません。
しかし、ダイエットをしている場合、このような仕組みを知っていると、かなり有利に進める事ができます。
ダイエットで怖い、リバウンドも体内を維持しようとする仕組みが原因と言われています。

知識を得ることはダイエット成功の鍵だと言えるでしょう。

全身脱毛はこちらhttp://www.honto-datumo.com/

コメント

常に水を飲んでいることが大切

私は、外に出て運動することがとても好きなので1日のほとんど外に出て運動をしています。運動することは、健康にはいい事だと思うのですが、日焼け止めなど塗っていないので肌には刺激が強すぎますね。
特に夏などは。最近、気になり始めた事があるんです。それは顔のシミです。ずっと紫外線に、当たっているから黒いしさらにそこからシミが何個かあるんです。気になり始めてからは日焼け止めを塗っているのですが、今更遅いのかな?と思い、最初だけ塗って汗でとれても塗り直したりはしませんでした。でも、これでは歳をとったときにシミだらけになってしまう!と思ったので、化粧水と乳液を美白のやつに変えてみました。そんなすぐに効果が出るわけではないですよね。それと、今では日焼け止めを休憩に入ったら必ず塗り直すようにしています。塗らないよりはマジだ。と思ったからです。スポーツが好きな方は、紫外線は敵ですよね。
でも、紫外線なんかに負けないぐらい日焼け止めを塗って好きなスポーツをして、良い汗をかきましょう!将来シミのない肌を手に入れるために!

あと、もうひとつ悩んでいることがあります。それはニキビです。私はストレスが溜まると暴飲暴食してしまうんです。こんなのダメだ。とわかっているのにやってしまうんですね。そして、次の日には必ずニキビがそれも1つではなくて2、3個まとめてできるんです。潰したら痕残るし、治るまで待つしかないんですね。そもそも、私が暴飲暴食してしまうのがいけないんですけどね。でも、なかなかやめられない。それが私の本音です。でも、見つけたんです。暴飲暴食してもニキビが出来ない方法。これは人によるので必ずできなくなるわけではありません。それは常に水を飲んでいること。
それを始めてからは、あまりニキビができなくなりました。暴飲暴食した次の日もです。水を飲んで常に身体の水分が入れ替わっているからニキビができにくいんですね。水を飲んで太ることもありません。

コメント

« Previous entries 次ページへ » 次ページへ »