早めの治療が大事

数年前から髪が薄くなりだしました。いわゆるハゲ、薄毛です。医学的には「AGA」と呼ばれるんだそうです。AGAとは男性型脱毛症という意味だそうです。
男性型脱毛症に悩まされている人は国内だけで1260万人いるんだとか。日本国民の数から考えるとかなりの割合ですね。
なぜAGAが起きるかというと男性ホルモンの影響が大きいそうです。男性ホルモンは薄毛を進行させます。逆に言えばAGAは男性らしいともいえます。
実際海外では薄毛のほうがもてる国もあるようです。
ただ日本ではそうではなくAGAであることで悩む男性が多い現状があります。
以前からかつらぐらいだった対策法も、最近はAGAを治療するクリニックなどが登場しています。「プロペシア」と「ミノキシジル」などの処方でAGAを治療できるそうです。
プロペシアは男性ホルモンによる脱毛を抑える効果があります。ミノキシジルは血管を拡張する薬ですが、使用すると多毛症になることが多く、そこから発毛をうながす薬としても使われるようになったそうです。
ただ脱毛を防ぐ薬は男性ホルモンに作用するので、性欲減退などの副作用もあるといいます。妊娠中の女性には禁物です。なぜなら妊娠しているのが男子だと性的発達に問題を及ぼすそうです。怖いですね。
それはそうと御徒町駅近くの雑居ビルの火災で27歳の男が逮捕されたんですが、なんとこの男は女装して放火したそうです。
現場周辺の防犯カメラに容疑者とみられる男がかつらをかぶって女装、ビルに侵入する姿が映っていたんだそうです。
自宅にはかつらなどがあったそうです。逮捕された際の映像を見ると金髪でロン毛のちょっと女っぽい人でした。
なんていうか髪がこんなにあるってうらやましいですね。
でもなんとなく女性っぽさを感じるのはなぜでしょう。こういう人はAGAにならなさそうですね。でもそうなんでしょうか?
オネエの人で結構ごつい人ってむしろ男っぽい気がするんですが、彼らはAGAになったりするんでしょうか?そういえばセーラー服おじさんもAGAですよね。
AGAでも後頭部の毛はなくなりません。不思議ですが後頭部の毛は男性ホルモンの影響を受けないそうです。そこでAGAの治療の1つとして「自毛植毛」というものが最近は行われるようになってきました。
後頭部の毛を一部頭頂部などに植毛するんだそうです。
いろんな対策があるようなのでクリニックで自分に適した方法を探してみたいと思います。

コメント Trackback / Pingback (1)

カオスなガシャポン

ガシャポンってちょいちょいカオスでエッジが効き過ぎたアイテムを投入してきますが、またまた狂ったようなアイテムが登場するようです。
その名も「あいつ亀やめるってよ」というアイテムで、バンダイのベンダー事業部の製品です。全6種で1回200円です。
デジタル印刷などの最新技術で200円ながら甲羅の模様や手、顔、腹部は超リアルな亀のフィギュアになっているんですが、足の部分をつかむと亀が甲羅から勢いよく飛び出るという仕組みで「亀が亀をやめる」っていうことなんだそうです。甲羅を脱いだ亀は水着を着用しているという点もわけがわからないぶりに拍車をかけています
しかも6種類を集めて甲羅と本体のくみあわせを変更する「着せ替え」も可能なんだそうです。
リアルな作りで着せ替えできるってある意味グロいと思ってしまいます。なぜなら亀の甲羅は肋骨などが発達してできた骨の一部で体と一体です。
リアルなフィギュアなので、これをみた子供が実際の生きた亀も甲羅を脱ぎ捨てられると思ってむりやり首を引っこ抜いて亀を殺さないか不安です。
でもこの意味の分からない企画が通るのが不思議でなりません。企画会議の様子がみたいです。企画した人はどこぞの青春映画でも見て影響されたんでしょうか?
でも今の技術はすごいですね。リアルな商品をこの値段で作れるんですから。昔は中国で塗装してたのに今や印刷ですから。
でもそれなら号泣で話題の野々村議員のフィギュア作ってほしいですね。ボタン押すと号泣しながらかつらが外れて頭皮が丸見えになるようなの。彼、かつらなんですよね?
彼も今なら早めにAGAのクリニックでカウンセリング受けて薄毛を防ぐ治療を受けられたのに、って思います。
早めに男性ホルモンに作用する飲み薬や血行をよくする塗り薬などで脱毛を食い止められたと思います。

またさすがにあそこまでふさふさにするのは無理でも後頭部の自分の毛を薄毛の部分に植毛する「自毛植毛」で自然な形で薄毛をカバーできます。
自毛植毛のすごいところは自分の毛を皮膚ごと植えるのでその後も新しく植えた場所で髪の毛が生え続けるってことです。
人工のものだとそもそも死んだ毛なので伸びないですし劣化しますから、その後のメンテナンスが必要ですが自毛植毛ならいらないんですよ。いいですよね!

コメント

紫外線は良い?悪い?

紫外線=ガンの原因。
このように捉えている方も多いのではないでしょうか?
確かに長時間多量に浴び続けると、シミやしわの原因ともなったり、皮膚ガンや白内障などと言う怖い病気の原因にもなります。
もっとも、肌トラブルに関してはシミ治療 東京と調べるだけでたくさんの優良なクリニックがでてきますた。

紫外線は適度に浴びることで得られる効果もあるのです。
例えば「ビタミンDの生成」
ビタミンDはカルシウムを吸収する力を助ける成分です。
体内でビタミンDを生成する場合には、食物の摂取の他、紫外線を浴びることにより出来る成分でもあります。

「殺菌の効果」
細菌や雑菌、カビ菌などを殺し、消毒の効果を得ることができます。
布団や衣類、まな板などの家庭用品の殺菌だけではなく、細菌が原因で起こる水虫の治療にも紫外線が使われます。

一概に絶対に浴びてはいけないもの!というわけではないようですね。

とはいえ、浴びすぎは先に言ったような悪影響を及ぼしかねません。
適度というものが、どのくらいなのか。これも知ることは難しいと思います。
なので、野外に出る際には、日焼け止めを塗る、日傘をさすなどのプチ努力をして、紫外線と上手に付き合っていくことが大事なようです。

コメント

常に水を飲んでいることが大切

私は、外に出て運動することがとても好きなので1日のほとんど外に出て運動をしています。運動することは、健康にはいい事だと思うのですが、日焼け止めなど塗っていないので肌には刺激が強すぎますね。
特に夏などは。最近、気になり始めた事があるんです。それは顔のシミです。ずっと紫外線に、当たっているから黒いしさらにそこからシミが何個かあるんです。気になり始めてからは日焼け止めを塗っているのですが、今更遅いのかな?と思い、最初だけ塗って汗でとれても塗り直したりはしませんでした。でも、これでは歳をとったときにシミだらけになってしまう!と思ったので、化粧水と乳液を美白のやつに変えてみました。そんなすぐに効果が出るわけではないですよね。それと、今では日焼け止めを休憩に入ったら必ず塗り直すようにしています。塗らないよりはマジだ。と思ったからです。スポーツが好きな方は、紫外線は敵ですよね。
でも、紫外線なんかに負けないぐらい日焼け止めを塗って好きなスポーツをして、良い汗をかきましょう!将来シミのない肌を手に入れるために!

あと、もうひとつ悩んでいることがあります。それはニキビです。私はストレスが溜まると暴飲暴食してしまうんです。こんなのダメだ。とわかっているのにやってしまうんですね。そして、次の日には必ずニキビがそれも1つではなくて2、3個まとめてできるんです。潰したら痕残るし、治るまで待つしかないんですね。そもそも、私が暴飲暴食してしまうのがいけないんですけどね。でも、なかなかやめられない。それが私の本音です。でも、見つけたんです。暴飲暴食してもニキビが出来ない方法。これは人によるので必ずできなくなるわけではありません。それは常に水を飲んでいること。
それを始めてからは、あまりニキビができなくなりました。暴飲暴食した次の日もです。水を飲んで常に身体の水分が入れ替わっているからニキビができにくいんですね。水を飲んで太ることもありません。

コメント Trackbacks / Pingbacks (2)

スキンケアにはホルモンバランス

まだまだ寒い日が続きます。そして今の時期にもっとも気になるのが、お肌のかさかさ乾燥。お風呂上りすぐにたっぷりの保湿をしてもなかなか改善されません。この時期のお肌のかさかさ乾燥の原因としては、空気乾燥していたり、冷たい風のせいかもしれませんが、そのほかにも色々な原因が考えられます。その中でも一番重要な原因、それは、女性ホルモンです。冬場の日照時間の短縮、そして寒さによりホルモンの分泌量が減ったり、ホルモンバランスが乱れるのです。一見、お肌とは関係なさそうですが、実はホルモンバランスが乱れると自律神経や免疫の働き、血行など、体のさまざまな機能にトラブルが起こりやすくなります。
すると、結果的に頭痛、イライラ、そして肌あれなどの症状が引き起こされることもあるのです。
また、冬場の冷えもお肌には大敵です。冷えによる血行不良で体に栄養が行き届かなくなるため、肌細胞にも栄養が十分に行き渡りません。冬場に手足の先が冷えているのもそのせいです。そのため、お肌の代謝機能が落ち、お肌の生まれ変わりであるターンオーバーもスムーズに行われなくなります。すると、皮膚の通常行われる再生がなかなか進まずに古い角質がたまっていき、透明感のない、くすんだ肌に……。皮脂の分泌も減ってお肌がかさかさに乾燥したり、メラニン色素の沈着でお肌が黒ずんだり、ニキビや吹き出物ができ、お肌がゴワゴワしたり…というお肌トラブルを招く原因にもなります。お肌トラブルが続くと気分までもが憂鬱になり、ブルーな気分に…。そういった場合は、残念ながらお肌のストレスの負のスパイラルになってしまう場合もあります。ホルモンバランスを良くするため日々の生活でできることとしては、
バランスのとれた食生活、
たっぷり睡眠、
適度な運動、
ストレスから開放された生活、などがあります。
毎日のスキンケアを続けることはとても大切なことです。
ホルモンバランスの管理とその季節と自分の体調に合った、スキンケアをしていくことが本当に正しいスキンケア方法なのです。

コメント

ほうれい線退治?

20代後半から気になり始めたことはほうれい線です。
特に仕事が忙しかったり寝不足だったりするとそれは顕著に肌に現れて毎日鏡を見る事が苦痛でした。
だからといってなんとなくエステに通う事は悔しいし、でも日々の生活習慣はなかなか変えられるものではないし、運動もちまたで流行っている顔の体操もやってはみたのですが痛いし、疲れるし仕事で疲れているのにこんな事逆にストレスだわと思いそれもやめてしまいました。
そんな怠惰な私が美容のためにやっていることは「入浴時間の延長」です。
これも半身浴とか色々風呂にも入り方はあるようですが、もうそれも気にしないでとりあえず30分湯船に入るということです。さらにそれに加えて私はあたたかいルイボス茶を呑みながらフェイシャルに使えるオイルで顔をマッサージしています。
オイルももったいないと思いながら使うのではなくふんだんに使います。個人によって差はあるのでこの香りが絶対おすすめとはいえないですが私はフランキンセンスの入ったものを使っています。それで30分あるいは汗が出るまでの時間入るのです。
汗がでないと皮膚が働かないので汗は必須です。そして風呂から出たらパックです。パックは絶対絶対絶対必要です。運動が嫌い体操が嫌いなら必要最小限な動きでなんとかするしかないのです。というとパックはかかせないです。
これをやるだけでだいぶ次の日変わるのですが、もう一つ努力とは言えないような努力なのですが就寝時に仰向けで寝るということがかなり大事です。
オードリーヘップバーンも上を向いて寝ていたというくらい美を意識したらまず仰向けで寝ないとだめなんです。普通に考えてうつぶせでねていたら顔にシーツのあとがついてそれは皺になる原因になりますし、重力は下に働く力だから上を向いて寝なければ皺を作ってくれといっているようなものだと思います。
それから就寝に入る時間です。通常人間は22時~2時の間に免疫が作られるというのでこの間は寝た方がいいというか、すくなくとも24時より早い時間にベットに入りたいところです。
私は気持ちのいい事が好きなので睡眠に重きをおいて美容を考えているのですが、何に重きをおいて美容を考えるかは人それぞれでしょうね。

コメント Trackback / Pingback (1)

私がダイエットでこごろがけていること

私がダイエットで心がけていることは、ストレスを溜めないことです。
人間は弱い生き物です。厳しいダイエットを永遠に続けることは出来ません。
ダイエットから開放された後に、気の緩みから食べてしまいます。
その食べる快楽が、ダイエットの厳しさや成果を上回ってしまい、結局もとの木阿弥になる。これがダイエットにおけるリバウンドのメカニズムです。
ダイエットは辛くなく、反動で食事の快楽が上書きされない程度に行うのが一番なのです。

昨今のダイエットでは、食事制限をしないで運動で痩せるのが主流になっています。
適度な運動はストレスを解消する効果もあるので、一石二鳥です。私の場合は、簡単なウォーキングから初めて、少しづつジョギングにしました。
このジョギングも軽いものです。

また、落ち着いてきたら、室内で簡単に出来る筋トレも、寝る前に行いました。
室内で簡単に出来る運動は、ハードな運動よりも効果的です。運動は長期的に行うことで、内燃機関を育てることが出来ます。
ハードな運動を単発的に行うよりも、簡単な運動を長く行って筋肉を鍛え、代謝を上げるのが一番なんです。
食事制限はしないと言いましたが、常識の範囲内で食べ過ぎないというダイエットはします。
特に効果があるのが、炭水化物を減らすダイエットです。特に、夕食の炭水化物を減らすのは効果が高いダイエットで、直ぐにウエストが引き締まります。

このように、適度なダイエットを何個か組み合わせることで、リバウンドのおそれがなく痩せる事が出来るんです。
私は一年ほど、ゆるやかにダイエットをしています。食べ過ぎなければ、お菓子も食べていいし、お酒も飲んでいいんです。
重要なのは、バランスの良い暮らしを長く続けること。ぜひ、試してみてください。

コメント

有酸素運動と食事のタイミングとは?

ダイエットを成功させるには、身体の仕組みを理解すると成功できるといえます。
人体は不思議な機能の持っています。
最近話題になったのが食事の順番で太る、太らないが決まるという話です。
人間は知らず知らずの間に、痩せる、太るの選択をしている事になるようです。
お腹に入れたら、一緒に思えますが、内蔵の働きから考えると見えてくる事ですね。

食事の次にダイエットで気になるのが有酸素運動です。
有酸素運動で体脂肪が減少することは明らかですが、では食事の順番のように、食事と運動のタイミングで、最も効果的な組み合わせはあるのでしょうか?
有酸素運動をはじめると、最初のうちは糖質がエネルギーとして使われるのですが、だいたい20分くらいすると、運動のエネルギー源が体脂肪に切り替わるそうです。

では、体内に糖質が少ない状態である食事の前に運動をすれば、体脂肪だけが燃焼されより効果的なのでは、と考えますが、それは正しいのでしょうか。
体脂肪を燃焼する際にはスターターの働きをする糖質が体内にあったほうが、より体脂肪の燃焼がスムーズに行われるそうです。
体脂肪は糖質より燃焼されにくく、まず糖質を使って身体をエネルギー燃焼モードにしてから、体脂肪の燃焼へとリレーされていくのだそうです
また食事の前に運動をすると、低血糖などを招き、ぼんんやりしたり判断力が鈍るなどして、屋外では何らかの事故の可能性もあります。

ただ、体脂肪は燃焼されにくいので、体内にたっぷり糖質のある状態では、糖質ばかりがエネルギーに使われることになるそうです。
有酸素運動で効果的に体脂肪を燃やすためには、食事の二時間程度後、体内の糖質が適度に消費された頃がもっとも効果が高いようです。
このような人体の仕組みは、勉強しない限りなかなか知る事はできません。
しかし、ダイエットをしている場合、このような仕組みを知っていると、かなり有利に進める事ができます。
ダイエットで怖い、リバウンドも体内を維持しようとする仕組みが原因と言われています。

知識を得ることはダイエット成功の鍵だと言えるでしょう。

コメント

続けて実感できるウォーキングの魅力

現代はダイエット社会です。
右を向けばダイエット食品、左を向けば痩身エステなど、ネットのなかでもダイエットの項目は数知れぬほどあります。
しかし、なぜ成功できないのでしょうか?
続けられないことでしょうか?それとも我慢できないことなのでしょうか?

実は、ダイエット成功の秘訣は自分に合うものを選ぶことが最重要です。
お菓子好きな人が間食抜きダイエットをしたり、運動嫌いな人が激しい運動をするのは自分に合っていないということになりますよね。
ダイエットは長期戦、無理せず続けることが肝心です。
そこで誰にでもできるダイエットがあります。
それは、ウォーキングなのです。
あまりに有名なダイエット法ですが、「実は試したことがない」という女性は少なくありません。
理由は外出するため天候に左右されがちということと、他に人気のダイエット法が続々出ていることが考えられます。

しかし、一番は速効性がない、ということなのではないでしょうか?
たしかに、ウォーキングには速効性はありません。
しかし毎日の積み重ねによって、脂肪は確実に全身から落ち、同時に痩せやすい体へとリセットさせる魅力があるのです。
ウォーキングでダイエット効果があると実感する方の多くは、最初は健康目的ではじめる方が多いです。
しだいに体の線がスッキリとしたり、けっして痩せなかった下半身が細くなったりしてはじめて、「知らず知らずのうちにダイエットになった」と、今度はスタイル維持の目的で続けるのですね。
それほど健康にも、ダイエットにも両者にいい方法といえます。

それでも、「どんなに歩いても全然痩せない」という悩みをもつ人もいるようです。
なぜ痩せないのでしょうか?
実は、ただ歩いているだけで効果はありません。
早歩き・腕ふりをしてはじめて、効果が現れます。
同時に、姿勢や肩甲骨を意識した腕降りを心がけると、半年後、今とは比べ物にならない体が手に入るはずです。

試しに会社帰りやお買い物帰りなど、気軽に続けてみてくださいね。

Comments off