紫外線は良い?悪い?

紫外線=ガンの原因。
このように捉えている方も多いのではないでしょうか?
確かに長時間多量に浴び続けると、シミやしわの原因ともなったり、皮膚ガンや白内障などと言う怖い病気の原因にもなります。
もっとも、肌トラブルに関してはシミ治療 東京と調べるだけでたくさんの優良なクリニックがでてきますた。

紫外線は適度に浴びることで得られる効果もあるのです。
例えば「ビタミンDの生成」
ビタミンDはカルシウムを吸収する力を助ける成分です。
体内でビタミンDを生成する場合には、食物の摂取の他、紫外線を浴びることにより出来る成分でもあります。

「殺菌の効果」
細菌や雑菌、カビ菌などを殺し、消毒の効果を得ることができます。
布団や衣類、まな板などの家庭用品の殺菌だけではなく、細菌が原因で起こる水虫の治療にも紫外線が使われます。

一概に絶対に浴びてはいけないもの!というわけではないようですね。

とはいえ、浴びすぎは先に言ったような悪影響を及ぼしかねません。
適度というものが、どのくらいなのか。これも知ることは難しいと思います。
なので、野外に出る際には、日焼け止めを塗る、日傘をさすなどのプチ努力をして、紫外線と上手に付き合っていくことが大事なようです。

コメント Trackbacks / Pingbacks (6)

« Previous entries 次ページへ » 次ページへ »